前へ
次へ

インフルエンザの時には安静に寝て過ごし治す

気温も下がり空気も低下する冬になると風邪をひいて熱を出すこともありますが、インフルエンザにかかったら正しい対処が必要です。体温計で熱を測ってみて38.5度を超える高熱が出ていた場合、抗インフルエンザ薬を48時間以内に服用することで効果も期待できます。最初は風邪の症状とよく似ているので、判断が付かずに無理を押して学校や会社に行ってしまうかもしれません。咳やくしゃみなどにより飛び散るウイルスですので、その飛び散りで他の人が感染をする可能性があります。自分が感染をしたことに気が使いないまま、会社や学校へ行くとウイルスをさらに広げてしまいかねません。もしかしたら風邪ではないのかもしれないと、少しでも疑いを感じるようであれば、病院を受診することです。医師からインフルエンザと正式に診断をされたら、学校も会社もお休みをしなければなりません。感染の拡大を防ぐためであり、本人も安静にする必要があるためです。辛い症状は大体1週間程度ですから、自宅でおとなしく過ごすようにします。免疫機能はこうした時に本来の底時からを最大限に発揮して、ウイルスたちと戦ってくれるので、自分自身はとにかく休養をしっかりと取ることです。つい自宅にいるからと言って、無理をして洗濯をはじめたり、家事をしたりはしないこと、必要最低限の行動のみであとは寝て過ごします。何か食べられるなら食事をして、トイレに行き、それ以外は何かしたくでも我慢して寝て治すのが1番です。高い熱が続いたときにも、避けたいのは解熱剤を使うことですが、もしも十分な水分や食べ物の摂取ができない時にはこの限りではありません。ドラッグストアなどで市販されていて、自分で自由に選んだ薬ではなく、服用をするなら病院で処方をされたお薬です。もしも市販薬を飲むなら医師に相談をしたほうが良いですが、やはり安心なのは医師がきちんと処方をした医薬品と言えます。お薬を飲む前に、脇の下などを冷やしてみることです。

Page Top